スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<掘り出しニュース>水耕栽培のトマトたわわ 朝夕にモーツァルト、客の声がけも(毎日新聞)

 【北海道】恵庭市の「えこりん村」で、昨年11月に植えた1粒の種からトマトの苗が成長し、広がった茎に真っ赤に熟した多数の実が揺れている。

【いろんなトマト】科学のまちから:筑波大遺伝子実験センター 「変異トマト」850種公開 /茨城

 土を使わない水耕栽培で育てた。肥料の濃度と水温を一定に保ち、多くの酸素を根に流すと、土で栽培した場合とは比較にならないほど根が伸び、茎は根本が直径約5・5センチに、葉は柱に支えられた棚をつたって幅8メートルほどに広げるまで育った。

 これまでに実ったのは2795個。トマトの木が気持ちよく育ってくれるように、朝と夕方にはモーツァルトの名曲をかけ、お客さんからはトマトに声をかけてもらうというユニークな試みで、今年の10月までに2万個の収穫を目指す。【平田明浩】

【関連ニュース】
トマト:特産、苗100本を植える--高山・丹生川小44人 /岐阜
世界の雑記帳:巨大バーガーで世界記録、パティの重さは80キロ超
トマトたい焼き:特産トマト果汁入りのたい焼き 大崎でお目見え /宮城
トマト:樽栽培、収穫--日野 /東京

<口蹄疫>運搬車が感染経路か 調査チーム指摘(毎日新聞)
民主党 政調会長に玄葉氏、入閣も内定(毎日新聞)
<訃報>栗原祐幸さん89歳=元防衛庁長官(毎日新聞)
立候補者全員当選へ努力…枝野幹事長会見(読売新聞)
花しょうぶ 愛知県豊橋市で満開に(毎日新聞)
スポンサーサイト

ニュージーランドでは「世界最速の英雄」 「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(産経新聞)

 ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)は昨年夏、シー・シェパード(SS)の活動に参加する前、祖国ニュージーランドの“英雄”だった。人々は敬意を表して、「世界最速のスキッパー(船長)」と呼んだ。

 今回の捕鯨妨害に参加した高速艇アディ・ギル号はかつてアースレース号という名だった。映画の世界から出てきたような流線形の外観。航行速度40ノット(約72キロメートル)を誇り、バイオディーゼルを燃料とする。2005年、地球一周最速航行を達成するために、スポンサー企業が約250万ドルを拠出して建造した。

 元海底油田エンジニアの被告が船長に選ばれた。アースレース号は3年間で46カ国の都市に寄港。どの港でも船を公開し、約25万人がこの挑戦を支援した。そして、08年6月、約60日間という当時の世界一周最速記録を打ち立てた。

 しかし、代償も大きかった。寄港先の中南米グアテマラで海難事故を起こし、漁師を1人死亡させてしまった。ベスーン被告は一時拘束され、多額の補償責任を背負うことになった。

 英雄の歯車は少しずつ狂い始めていった。被告は資金を作り出すために、アースレース号を150万ドルで売りに出した。

 ベスーン被告の苦境を助けたのが、ハリウッドの大富豪の寄付を元に船を購入したSSだった。昨年夏、被告は初めて団体代表のポール・ワトソン容疑者(59)に会い、日本の捕鯨船への妨害活動に参加することを約束した。

 しかし、アースレース号から改名したアディ号も結局、出航から1カ月も満たずに、日本船に激突して南極海の藻屑と消えた。ベスーン被告は友を失ったような喪失感を味わった。そして、今年2月、日本側に、この高速艇の補償を請求するために日本船に乗り込み、逮捕されたのだった。

 東京拘置所に勾留されたベスーン被告は記者の接見に応じ、心境を語った。

 「なぜ、日本の海保当局は、危うく私たちクルーが死にそうになったアディ号の沈没についてまったく捜査しようとしないのか?。世界各国に私の挑戦を支援してくれた人たちがおり、この裁判に注目している。日本は船を沈めた責任を負うべきだ」(佐々木正明)

【関連記事】
シーシェパード元船長 傷害を否認 調査捕鯨妨害初公判
調査捕鯨はそもそも何を調べてる? 将来の食料確保のための生態把握
第2昭南丸が接岸 シーシェパード船長逮捕
反捕鯨 再び豪選挙の争点に
シーシェパードの抗議船、曳航中に南極海で沈没
虐待が子供に与える「傷」とは?

種牛49頭「助命」認めず…農水副大臣(読売新聞)
宮崎訪問を検討=鳩山首相(時事通信)
農水相は「バカ松」と批判 たちあがれ日本・平沼氏(産経新聞)
<明石殺人>大学1年の三男を指名手配(毎日新聞)
政府、24日午後に安保会議=米韓と連携確認へ(時事通信)

10億円着服容疑で逮捕=近鉄子会社の元社員-大阪地検(時事通信)

 会社の資金10億円を着服したとして、大阪地検特捜部は13日、電子計算機使用詐欺容疑で、近鉄の子会社「近鉄ビルサービス」(大阪市)の元社員の男(36)を逮捕した。 

【関連ニュース】
全日空商事元社員ら逮捕=架空取引で詐欺容疑
「3年半で30億超詐取」=振り込めメンバー供述
高砂熱学工業の元経理社員逮捕=1億余横領容疑
郵便局から融資金詐取=弟装い計2460万か
患者のカードで空気清浄機=詐欺容疑、看護師逮捕

<ひき逃げ>フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉(毎日新聞)
雑記帳 「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)
石清水八幡宮 篝火御影を公開 元襲来で祈願? 京都(毎日新聞)
偽造クーポン使用、無職男を逮捕=大阪市互助会支給、9万枚流通-府警(時事通信)
ホームと電車の間に男性はさまれる(産経新聞)

「悪代官」訴訟、例えられた前市長の請求棄却(読売新聞)

 2007年4月の函館市長選で「悪代官」と呼ばれて名誉を傷つけられたとして、井上博司前市長(73)が西尾正範市長(61)に約1000万円の損害賠償と新聞での謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が28日、函館地裁であった。

 蓮井俊治裁判長は請求を棄却した。

 西尾市長は06年12月に井上市政を批判して助役を辞任。07年4月の市長選で井上氏を破って初当選した。

 判決などによると、井上氏は、西尾氏が選挙戦の中で「人気テレビ番組の水戸黄門には悪代官が出てくる」などと、井上氏を悪代官に例えたことが名誉棄損に当たるとして訴えていた。

5年迎え「ようやく歩けた」=負傷者らウォークイベント-福知山線事故(時事通信)
亀井郵政改革・金融相「花も嵐も乗り越えて、鳩山政権は突き進む」 小沢氏「起訴相当」で(産経新聞)
救急車のAED作動せず=心肺停止の男性死亡-大阪市(時事通信)
【もらってうれしい贈り物】バウムクーヘン パティスリーリッチフィールド(産経新聞)
谷垣氏「普天間返還の先送りだ」 党首討論(産経新聞)

<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)

 阿部真理子さん51歳(あべ・まりこ=イラストレーター)3月29日、内臓疾患のため死去。葬儀は済ませた。お別れの会を後日開く。自宅は福島県郡山市深沢2の11の10。喪主は弟充宏(みつひろ)さん。

 都会的センスにあふれた絵柄で雑誌、新聞などで活躍。作品に絵本「ボクがこんなにふとった理由」、池澤夏樹さんとの共著「メランコリア」など。

【関連ニュース】
<写真特集>追悼 井上ひさしさん
<写真特集>追悼 木村拓也さん
悼む:映画評論家・双葉十三郎さん=昨年12月12日死去・99歳
悼む:囲碁棋士九段・元関西棋院理事長、橋本昌二さん

「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)
八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)
校長ら2人に略式命令 東京・杉並の小6天窓転落死(産経新聞)
舛添新党、苦渋の決断…参加議員も広がり欠く(読売新聞)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
プロフィール

かんばやしまさしさん

Author:かんばやしまさしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。